Theme 〜2008〜


第36回模擬裁判

天秤 〜揺れるこころ・求められる覚悟〜


p-36-l.jpg(26082 byte)

あらすじ

<犯行の概要>
被告人山中壮太は実家から大学へ通い、普段から車の運転には慣れていた。
恒常的に運転中に携帯電話の使用が見られた。

ある日、突発的に飲み会に参加するが、はじめは酒を飲むつもりはなかった。

しかし、内定が決まったことをサークル仲間に祝われ、酒を勧められて断りきれず、飲酒してしまう。

その後、ウーロン茶を飲み、1時間休んだところで彼女の家に行くために車を運転する。

道路横断中の大学生2人をはねて死亡させ、そのまま逃げる。

彼女に諭され、事故現場に戻り、自首。逮捕。


検察は山中壮太を危険運転致死傷罪で起訴。
少しくらい大丈夫だろうという甘い考えから、未来ある若者が未来ある若者の命を奪ってしまった。

この一連の行為を過失と捉えるか、故意と捉えるか。
一般の国民から選ばれた6人の裁判員達の罪をはかる「天秤」はどう傾いていくのか。
どんな判決を下すのか…



日程:平成20年11月21日(金)22日(土)
開場:21日(金)17:30 22日(土)15:00
開演:21日(金)18:00 22日(土)15:30

会場:山形市中央公民館ホール(アズ七日町6階)
地図

前売:300円
当日:350円
高校生以下無料

INDEX