history

過去の公演 2013〜2025

41.“生活保護”   〜救済か堕落か〜 41.“生活保護”   〜救済か堕落か〜
神田一家は貧しいながらも平凡な家庭であった。しかし、父親に悪性の脳腫瘍が見つかり、仕事ができなくなったことをきっかけとして、生活はひどく苦しいものになっていく。
やがて生活保護を申請するが、調査の結果、申請は却下されてしまう。追い詰められた一家は、行政を相手取り裁判を起こすのであった……。
高校生である神田一家の長女は、これまで社会問題について深く考えたことはなかった。しかし、悩みに暮れる家族の姿や、裁判での様子を見ている内に、ふとした疑問が膨らんでいく。
――生活保護って何のためにあるんだろう。長女はその疑問の答えを見つけるためにも、裁判を最後まで見届けていくことになる。

【実行委員長・・・北目学】

判決
メンバーリスト2013
メイキング2013
アンケート結果抜粋
42.“いじめ”   〜救いの手はどこに〜 "42.“いじめ”   〜救いの手はどこに〜"
「死んだほうが楽ならそっちのほうがいい。」
高校1年3月、いじめられていたことを記した遺書を残し、翔太は自ら命を絶つ……。
両親は学校側に説明を求めるも、その回答は両親の納得できるものではなかった。
――なぜ翔太が自殺しなければならなかったのか。真実を明らかにするため、両親は学校側を相手に裁判を起こすことを決意するのであった。

翔太と同級生だったゆりは、翔太がいじめられていることを知りながらも何もできなかった後悔でいっぱいだった。
迷いながらも裁判を傍聴しに行ったゆりは、「いじめ」の問題点や深刻さについて深く考えていくことになる。

【実行委員長・・・鈴木利規】

判決
メンバーリスト2014
メイキング2014
準備中 43.”疑惑の目”
 
【委員長・・・太田考平】  
判決
メンバーリスト2015
メイキング2015
画像
準備中
44.”日常”〜それはしつけですか?
ある冬の朝方、母親は娘を寝間着姿のまま自宅前に放置した。
さらに、常日頃から食事をまともに与えず栄養失調と危険な状態にしていた。
母親逮捕され、二人は離れ離れになる。
母親はそれが「しつけ」だと思っていた。
裁判や人との出会いを経て、どう虐待と認識し、更生していくのか?

【委員長・・・丹羽音彩】
判決
メンバーリスト2016
メイキング2016
45.“みかた”〜その病に責任はあるか〜 45.“みかた”   〜その病に責任はあるか〜 −刑事責任能力を巡る裁判―
ある日の昼下がりに起きた無差別殺傷事件。
逮捕されたのは市内に住む無職の男ー谷口誠。彼は精神疾患を抱えていた。

「精神鑑定の結果次第では彼の罪を問うことは難しいかもしれません」
「犯人は野放しなんですか?私たちは何もできないんですか?」

極刑を望む被害者家族。激しい非難を浴びる犯人家族。様々な感情が交差しながら裁判は進行していく。

【実行委員長・・・黒沼健郎】

予告
判決
メンバーリスト2017
メイキング2017
46.“綻び”   〜過労自殺…その死はだれのせい?〜
―――ごめん。今までありがとう―――
早朝、会社の屋上で一人の若手社員が自ら命を絶った。検察審査会による強制起訴を経て、事件は前代未聞の刑事裁判へと発展する。

「夫は会社に殺されたんです」
「もう耐えられない」
「俺が殺してしまったのか…?」

過労死ラインを優に超える過酷な長時間労働の存在とともに、明らかになる上司の苦悩。そして浮き彫りになる過労死問題…

その死の原因は、何だと思いますか?

【実行委員長・・・鈴木優介】

判決
メンバーリスト2018
メイキング2018
INDEX

mailto:admin @ mogisai.net