今日は総リハ@元会計H


メイキングはまさに1年振りです、大方皆さんはじめまして。
昨年も総リハを書き、これで地獄から開放されたと思いきや、まさか今年も書くことになるとは思いませんでした。おじいチーフめ・・・
それも、一発面白いことをと言われましたが、そんなもの勿論ありませんので、普通に感想を書かせていただきますよ。

総リハお疲れ様でした!!
今年度の舞台は初めてでしたので、ちょっと期待しながら見学させていただきました。
正直、毎年話がヘビーかつ難しいので、今年もそうなのかと思っていたら
今年は結構軽めというか親しみやすい感じで、2時間半とは余り感じないほどサクサク見ることができたというのが第一の感想です。
構成も今までとは志向を変え、法廷と評議の2場面構成、かつ回想シーンというのがアイデア的にナイス!シナリオに感心です。
また、委員長が総合プロデューサー(笑)のようにしっかり進行していたので、総リハ全体もスムーズに進みましたね。
チケットの売れ行きも好評だし、なんだか今年のモギサイは一味違う!?と思いました。


ここで、今年度もまだ見ていない人のために公演の私的見所ポイントをご紹介です。

1.裁判官3人のキャラの違い
穏やかな雰囲気を醸し出す裁判長丹波、おっとり優しく語りかける裁判官安部と、キラリと光る適格な意見を出す裁判官磯崎。絶妙なバランスが個性的な裁判員達をさらに引き立たせています☆

2.推理小説張りの事件展開
 段階を追って全容が見えてくるからというのもありますが、観客側も裁判員と一緒になって事件の真相を追いたくなります。このドキドキ感がたまらない。

3.モギサイ恒例のオチ(笑)
 今年はちょっと笑ってしまった(^▽^;)。ということは、今年こそは微笑が取れる可能性大ですね。もう一押し、最後の手に工夫がほしいですがね。

と、こんな感じです。ちなみに、敢えて改善点を探してみると
1.昨日の書き込みにもありましたが、声が小さい人が…。本番はもっと音が響かないので、会話であっても声は大きめで頑張ってほしいですね。
2.プロローグのVTR、車の走行音がうるさくて何言ってるかわからなかった。。。
3.全体的にもう一段階高みを行く役作りを。役者のレベルが高かったので敢えて要求してみると、感情をこめるべきところはもっと感情を表に出して言えるはず。

くらいですか?参考にしていただければと。
今年は今まで以上にキャストのレベル及び会話の掛け合いがよくていいですね。
本番のお客さんの反応が楽しみです。
あとは、今年は評価も高そうだし、相対評価で音響がメチャンコ叩き切られないことを祈るのみです
(^^;)。
本番まであと少しですが、皆さん万全の体制で本番に臨んでほしいと思います♪


公演まであと8日

今日の投稿者:元会計H
明日の投稿者:児玉さん
宜しくお願いします♪


― posted by 管理人 at 23:55 | Comment [ 1 ] | Trackback [ 0 ]

[Top ↑]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

1. おじいチーフ — November 18, 2004 @21:15:43

どうもお疲れさまでした。さすがHさん、嫌な顔一つせずにメイキングを引き受けてくれたことに感謝します。来年もよろしくお願いします。

この記事に対するコメントはありません

<< 2004.11 >>
SMTWTFS
 12 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
282930